お金を増やす方法

治験とは

治験の事について調べてみました。

 

薬が国の承認を受けるためには、治験と言われる臨床試験が必要になります。

 

新薬が世の中に出るためには、上記の流れを踏むって法律で決まっているからですね。 なかなか一般の認知度は低くて多くの課題とか問題点があるって言う風に聞きます。

 

まあ一番はモニターとかボランティアのなりてが不足しているって事ですね。 薬が出来る、新薬が出来る事ですくわれる人もかなりいますからね。 そのためには絶対に必要なのがこの治験なんです。

 

で、治験で開発とか研究されて、新しく世の中にお薬として発売されるものって言うのは、今現在ある薬よりも効果が高いとか優れていないと国に承認・認可されないわけです。

 

それを確認するために臨床試験が治験になるんですよね。

 

≫治験アルバイトの無料登録したい人はこちら

 

 

 

臨床試験

 

医者と薬剤師

新しい薬の臨床試験、治験のモニター募集とかボランティア参加を呼びかける運動とかCM・広告が多いのはこのせいなんですよね。

 

治験コーディネーターっていう職業が存在するのも納得できると思います。

 

誰かの命を救ったり、病気を治したりする可能性があるのが治験になりますから。

 

実際に新薬と治験薬で病気を克服して社会復帰って事も多く事例として報告されています。

 

命が助かったって言う事と社会復帰が出来たって言う事は、まぎれもなく治験薬のおかげって感じですからね。

 

治験の大切さを一人でも多くの人に知ってもらうって事ですくわれる命とか生活って言うのも、結果的に比例して増えていくんですよね。

 

 

新薬開発のプロセス

 

新薬が誕生するまでのプロセスですが、下記になります。

 

  1. @制約会社が新薬を開発します。
  2. A健康な人や患者さんにその薬を服用してもらい試してもらいます。
  3. B国の審査を受けて承認作業
  4. C市販される

 

上記の流れを踏むんです。

 

 

治験のメリット

 

治験の良い点って新薬開発だけじゃあなくて、今持っている病気を改善で着るカも知れないって事も大きいと思います。

 

最近人気の治験って言うと糖尿病とか高血圧などの比較的大きな病気からニキビの治験なんかもあ男女問わず、若い人から人気があります。

 

危険なイメージもある治験ですが、今の時代危険度ってかなり低くて、実際に治験薬を飲んだことにより、血糖値が下がりつつあるとか結果を出している人も多いですからね。

 

あくまでも新薬の最終段階に入っているんで今の日本の技術とかから考えると危ないって事からは遠いんだ楼かなって思います。とはいっても治験で最も気を使うのが副作用になると思います。どんな薬でも副作用ってありますからね。

 

風邪薬を飲むと眠たくなる何かは誰でも知っている軽度の副作用でしょう。

 

治験は入院とか通院ってあるけれども、定期的に医師の診察を受けるって言う事もあるので、ちょっと安心ですよね。