お金を増やす方法

スプレッド

スプレッドとは?

 

スプレッドっていうFX用語があるんですけど、これは売値と買値の価格差の事を言います。

 

一番分かりやすいドル円とユーロ円で説明すると、ドル円の売買を行うときに、ドル円の価格が98.100〜98.110ってなってたとしたら、この時のスプレッドが1になります。

 

ユーロ円の価格のが130.450〜130.45ってなってたら、この時のスプレッド幅は0.8になります。 このスプレッド幅が手数料としてFX会社の利益になるんですよね。 

 

よくテレビとかで1ドル98円10銭から98円11銭とかって言っていますよね。 この時ドル円を買ったなら98円11銭で買えて、98円10銭で売れるっていう意味になります。 なのでその時の1銭が手数料になるんです。 1万通貨で取引をすると100円の手数料になるって事ですね。

 

今説明したのはあくまで例なので、今はほとんどのFX会社がスプレッド幅が狭くなっているんで、スプレッドが1以下(つまり1銭以下)っていうとこがほとんどだと思いますよ。

 

なのでFX会社を選ぶ時の一つの目安として、このスプレッッドが狭いとこを選んだ方が、より自分の利益幅が大きくなるって事になるんです。

 

ちなみにスプレッド幅はFX会社によって違うので、Aという会社はドル円の幅が狭いけど、ほかのは普通とかだったりとか、Bという会社は円建てのスプレッド幅は狭いけど、外貨同士はそんなに狭くないっていう事もあるので、各FX会社によっても、通貨によっても違ってきますからね。

 

一概にどこが一番いいっていうのが言えないんですよね。